レスベラトロールとは?

レスベラトロールとはポリフェノールの一種で、ブドウの果皮などに多く含まれています。ポリフェノールは植物が光合成を行って作り出す化学物質で何百種類もあるのですが、その中でもレスベラトロールの持つ健康に対する効能が最近注目を浴びています。

ポリフェノールは、他にアントシアニンやカテキンなどが有名ですが、なぜレスベラトロールにそれほど人気が集中しているのでしょう。それは、レスベラトロールが長寿遺伝子を活性化する働きがあることが最近になってわかってきたからです。

長寿遺伝子という名前を初めて聞いた人も多いのではないでしょうか。長寿遺伝子は、またの名前をサーチュイン遺伝子と言います。長寿遺伝子は人間の老化を防ぎ、年を取っても若々しい肉体を維持できるように体の組織に働きかけると言われています。

そのように素晴らしい働きをする長寿遺伝子は、人間なら誰もが持っている遺伝子なのですが、実は普段はその役目を果たさずに活動を行っていないのです。それでは、どのようにすれば長寿遺伝子を効果的に働いてもらえるのでしょうか。

長寿遺伝子は、食事を摂らずに飢餓状態に陥るなど、極限の状況になった時にスイッチが入ると言われています。人間が自然の中で生き延びるために体がそのように作られたという研究者もいます。しかし、現在では人間は飢えた状況に置かれることが少なくなりました。この長寿遺伝子のスイッチをオンにするのがレスベラトロールです。今後、レスベラトロールは長寿社会に欠かせない栄養素として、ますます注目を浴びることでしょう。

レスベラトロールの一般的に言われている効果

レスベラトロールは、肉体が老化するのを防ぐ効果があると言われています。植物に含まれるポリフェノールの一種であるレスベラトロールを摂るだけで、なぜ簡単に長寿の切符を手に入れることができるのでしょう。

それは、レスベラトロールには長寿遺伝子のスイッチをオンにする作用があるからです。現代生活を送って普通に食事をしているかぎり、長寿遺伝子のスイッチはオフになったままです。この状態の人間は、普通に年を取り老化が進行していきます。

しかし、いったん食糧不足などで摂取カロリーに制限がかかると長寿遺伝子にスイッチが入ります。レスベラトロールは、摂取カロリーに制限がない日常生活でも長寿遺伝子を活性化させる優れた働きを持つと言われています。つまり、好きなものを食べて暮らしながら長寿遺伝子のスイッチを入れて健康に長生きを謳歌するために欠かせない栄養素というわけです。

レスベラトロールが、健康に与える改善効果は驚くほどさまざまです。レスベラトロールの素晴らしい点は、単に長生きができる体を手に入れるだけでなく、健康の質を高めてくれることです。

レスベラトロールの主な効果と言われるものの一つに、脂肪の吸収を抑えることがあります。脂肪分の多い食事を摂っても悪玉コレステロールが増えないため、動脈硬化や高血圧、脳溢血などにかかりにくい体質になると言われています。現在日本で急増している糖尿病や心筋梗塞などを予防する上でも画期的な栄養素として注目されています。

その他、脳細胞に働きかける作用も認められており、認知症予防への効果も期待されています。

レスベラトロールは、強い抗酸化物質として活性酸素による肌へのダメージを予防するので、美肌効果も期待できます。レスベラトロールは、体の中と外から若々しさを保つ栄養素なのです。

レスベラトロールと老化防止

レスベラトロールには、これまでに見つかった様々な自然界に存在する物質のなかでも、最も強力な部類に属するアンチエイジング効果があります。

レスベラトロールは、ポリフェノールの一種で、ブドウの果皮や赤ワイン、落花生の皮などに含まれています。ワインはともかく、ブドウの皮や落花生の皮など、普段はあまり食べない部分ですね。ポリフェノールは、苦みのある色素なので、レスベラトロールもおいしい果実の部分には殆ど含まれていないのです。

レスベラトロールには、動物の体に中に存在する長寿遺伝子という特別な遺伝子を活性化して、スイッチをオンにする働きがあります。長寿遺伝子は、わたしたち人間が誰もが持っている遺伝子ですが、普段は活動を行わずにスイッチがオフになっています。人間はどんなに元気で病気知らずの人でも100歳前後で寿命を迎えます。しかし、長寿遺伝子のスイッチがオンになっていれば、年齢に関わらずに健康な肉体でさらに長く生きることが可能だというのです。

レスベラトロールには、もう一つ素晴らしい働きがあります。それは、脳細胞に働きかけて脳機能を改善することです。マウスを使った実験では、レスベラトロールを多く含む赤ワインを摂取したマウスは、赤ワインを与えられなかったマウスの2倍に海馬の神経細胞の数が増えたということです。脳を活性化させためにも、天然成分でできたレスベラトロールのサプリメントを摂る習慣を持ちたいものですね。

レスベラトロールと長寿遺伝子

レスベラトロールは、長寿遺伝子を活性化させる働きがあるポリフェノールの一種です。長寿遺伝子は、サーチュイン遺伝子とも呼ばれる遺伝子で、この遺伝子が本来の働きをすると、人間の寿命は大幅に伸びると言われています。人間だけではありません。長寿遺伝子は、殆どあらゆる生き物に存在する遺伝子だと言われています。

しかり、残念なことに私たち現代人は、誰もが長寿遺伝子を持っていながらその働きを十分に活かしていないのです。というのは、長寿遺伝子は、十分に栄養が行き届いている状態ではスイッチがオフになっているためです。飢餓などの極限状態に陥った時に、初めて長寿遺伝子のスイッチはオンになります。

しかし、長寿遺伝子のスイッチをオンにする方法があと一つだけあります。それは、レスベラトロールを摂ることです。レスベラトロールには、長寿遺伝子を活性化させて、飢餓状態に陥っていなくても長寿遺伝子に本来の働きを促す働きがあるのです。

現代人は、多くの場合、三食満ち足りた食生活を送っているので、食事制限をして長寿遺伝子のスイッチを入れるのは現実的ではありません。年を取っても若々しい肉体を保つためには、レスベラトロールを積極的に摂ることが重要だと言えるでしょう。レスベラトロールは、長寿遺伝子を活性化するだけでなく、活性酸素の除去作用にも優れているため、肌の老化防止にも役立ちます。さらに、脳細胞に働きかけて痴呆症の予防効果もあるという研究も進んでいます。レスベラトロールの摂取は、最強のアンチエイジング対策と言えるでしょう。